ギャンブル依存症患者のギャンブル日誌

ギャンブル依存症は最も悲惨な依存症です。(byマンガで分かる心療内科)

f:id:pochitamadora:20180319223137p:plain

来週はどうなるかも…と週末に書いたが、週の最初からボロ負け。

売りから入ったらあっという間に踏み上げられてマイナス30万円。

この相場でまさか2.5円暴騰するとは予想出来なかった。

トレードする前は今度こそルールを遵守して…と色々決めていたが最初の吹き上げで全てが吹き飛び、売り玉を積み上げては死に積み上げては死にのパニックトレード。

最後に投げてから呆然として血の気が引く。

ああ、俺は馬鹿なんだと何十度目かの実感。

いや、馬鹿というか病気か。

相変わらず

 

少し勝つ → 増長 → 失敗 → パニック →破滅

 

のサイクルは変わらない。

これだけ同じ失敗をしても懲りないのが依存症。

来週はどうなるのやら。

これからどうしようかな

どうもこうも、資産の過半を失ったのでどうしようもない。

FXで小口でポチポチやるか?

 

そもそもトレードは始める時の計画では

 

市場では「数千年に一度しか起こらないはずの暴落暴騰はよくあること」なので資産の過半を賭けるようなトレードは必ず破産する。

従って期待値の高そうな取引を資産の1~2%で数百回数千回繰り返してみる。

 

だったはずが、あっという間に理性が麻痺してこの有様。

頭に浮かぶのは後悔ばかり。

ギャンブル中毒患者の末路

f:id:pochitamadora:20180303193645j:plain

www.bloomberg.co.jp

www.nikkei.com

www.quick.co.jp

トランプ・FRB・日銀のトリプルショックで日経平均は1日で1000円下落。

2月27日の2万2500円から3月2日深夜の20700円まで3日で1800円下落。

 

「そんなに下がるはずがない」と買いから入ったから堪らない。

自分で決めたルールでは資産の1割~2割を数日に分けて賭けるはずだったが、パニックで理性は一瞬で消し飛び、1日で全資産をつぎ込んでナンピン、1000円の暴落の直撃で投機用の資産のほぼ全てを失った。

全てが終わり理性が戻ってくると自分の愚かさ加減に呆然。

年初から2ヶ月で損失は約600万円。

この短期間でこの損失は初めてだ。

しかし1ヶ月前と違ってショックは意外と感じない。衝撃が大きすぎると感情が麻痺するのか?

これからどうしようかな…

 

結局、トレードをしていて自分で決めた誓いを守れたことは一度もなかった。

当然、一時は難を逃れられても一度でも予想外の動きがあれば破産する。

確率論的に予想外の事態は必ず起きるので将来的に必ず破産する。

誓いを立てる時には理解したつもりでもトレードを始めると頭から綺麗に蒸発してしまう。

頭の中は「今回は特別」「次は誓いを守る」と誓いを破ることの言い訳ばかり。

この自制心の無さは流石に障害を疑うレベル。

これが依存症患者の末路か。

トレードは人生の縮図。

大爆死。

こんな相場予想出来るか。

 

それにしてもリスク管理微塵も無い、確率論で考えられない自分が恨めしい。

事前に決めたトレードルールを全て破った自業自得。

 

プラス200万円から急転直下マイナス420万円…

f:id:pochitamadora:20180225225900j:plain

24000円まで上昇した日経平均は21000まで下がって3分の1の1000戻した所で行ったり来たり。

円高のせいか米国株価が半値戻したのと比べて元気が無い。

今後どうなるのやらさっぱりわからない。